onishi.JPG

大西 奈穂(代表)

幼少より、安積バレエ研究所(現大阪バレエアカデミー)にてバレエを始める。三枝美恵子、橘照代に師事。並行して、ピアノ・タップダンス・日舞を学ぶ。同志社女子大学英文学科中退、大阪教育大学社会科卒業。小学校、中学校社会科、高校地歴科・公民科の教員免許を取得。
大学在学中にシアターダンスを中尾謙之に師事しNYにダンス留学をする。また中尾氏の元、宝塚歌劇団にて振付助手を務める。
1999年劇団四季入団、「ライオンキング」、「夢から醒めた夢」、「ジーザスクライストスーパスター」、「異国の丘」、「ソング&ダンスⅡ(ダンスパート)」、「ソング&ダンスⅢ(ダンスパート)」、「ヴェニスの商人」などに出演。 
退団後は百貨店やアパレルメーカーのモデルの他、アウェークニング、ヨガ、ベビーヨガ講師として活動する。また芸能プロダクションで新人タレントの育成にも携わった。
2012年にティアラバレエスクールを立ち上げる。

sato.jpg
murai.jpg
seki.JPG

関 優奈

4歳より胡桃(くるみ)バレエスタジオにて伊藤胡桃、武石光嗣、中澤多喜に師事する。

カナダにてバレエ短期留学、また国際コンクールで上位入賞ののち、新国立劇場バレエ研修所に入所。2018年から新国立劇場バレエ団契約ダンサーとなり、現在、新国立劇場バレエ団の数々の演目に出演中である。

yamane.jpg

山根 くるみ

幼少より法村友井バレエ学校にてバレエを始める。法村牧緒氏に師事。

国内コンクールで上位入賞したのち、新国立バレエ研修所に入所。

ANAスカラシップ「ワガノワ記念ロシアバレエアカデミーでの研修」第1期生。

その後、新国立劇場バレエ団に登録ダンサーとして入団。

現在はバレエの指導者としてティアラバレエスクールの子どもたちから人気を集めている。

watanabe.jpg

渡部 義紀 (パドドゥクラス特別講師)

東京都 MIHO BALLET SCHOOL 阿久津美歩先生に13歳(2006年)よりバレエを習い始める。

日本ジュニアバレエ、AMスチューデンツ28期生として入所。牧阿佐美、三谷恭三、豊川美恵子、小嶋直也に師事。
2012年第15回NBAバレエコンクール出場シニア部門第2位  ミラノ・スカラ座バレエ学校1年間のスカラシップ賞を受賞し、同校に留学する。

2015年 新国立劇場バレエ団に入団。
主な出演作品はホフマン物語、くるみ割り人形(フリッツ)、Men Y Men、白鳥の湖(ナポリ)、くるみ割り人形(ウェイン版 中国の踊り)など。Dance to the future 2020 コンポジションでは共同制作企画にてチームリーダー兼ダンサーとして出演する。他全てのバレエ団公演に出演している。

村井 まり子

3歳よりリトミックを始め、6歳より新体操、その後モダンバレエを経て、9歳より小林紀子バレエアカデミーにてクラシックバレエを学ぶ。RAD(ロイヤルアカデミーオブダンス)チルドレン(現グレーテッド)シラバス修了。
高校生より江夏淳ジャズダンススタジオにてシアターダンスを学ぶ。
1999年、劇団四季に入団。「王様の秘密」「ライオンキング」「夢から醒めた夢」「キャッツ」「青い鳥」「アイーダ」「南十字星」「コンタクト」などに出演。公演時のバレエレッスン指導やダンスキャプテンを務める。
退団後、全米ヨガアライアンス200h 修了。バレエのほか、ヨガ、ジャズダンスの指導にもあたっている。

nishikawa.JPG

西川 貴子(特別講師)

8歳より安積バレエ研究所(現大阪バレエアカデミー)にてバレエを始め、

安積由高、橘照代に師事。
1991年、ワガノワバレエアカデミーへ3年間留学、ワシリエワ、ドゥジンスカヤに師事。 その後ミハイロフスキー劇場(元レニングラードバレエ団)にて3年間、海賊よりメドーラ、ドン・キホーテよりキトリ、テーマとヴァリエーション プリンシパル、その他ソリストのパートなどを踊る。
1997年新国立劇場バレエ団入団、その後、白鳥の湖全幕主役、シンフォニー イン Cプリンシパル、他ミルタやガムザッティ、キャラクターなどを2013年までソリストのパートを踊る。
現在は新国立劇場バレエ団 レッスン教師、バレエ研修所の副主任講師をつとめている。

佐藤 知子

幼少よりクラシックバレエを始める。金田・こうのバレエアカデミーでは数々の主役を踊る。その後松山バレエ学校に入り、同バレエ団に入団。日本女子体育短期大学舞踊科卒業。

劇団四季では、「ライオンキング」、「夢から醒めた夢」、「キャッツ(カッサンドラ役)」、「裸の王様」などに出演した。

座内でのバレエレッスン講師を務めるほか、各カンパニーでダンスキャプテンとしてダンスシーンの指導にあたった。 退団後は指導者に転じ、ティアラバレエスクールには2013年より携わっている。その他横浜にて大人のバレエクラスを展開、ミュージカルスクールでのバレエ指導も行なっている。

kikuchi.jpg

菊地 飛和

3歳より、久富淑子バレエ研究所でバレエを始める。
ロシア国立ノボシビルスクバレエ学校に1年間留学
Kバレエカンパニー準団員を経て、2007年新国立劇場バレエ団入団。登録ダンサーののち契約ダンサーに移行し、のべ13年間バレエ団公演に出演する。
現在は登録ダンサーとしてバレエ団に在籍する一方、豊富な舞台経験を生かし、当スクールの他、宝塚受験スクールClassy Lessons等でも後進の指導に力を注いでいる。